• HOME
  • 青汁のパセリの働きは?

Yahoo!ブックマークに登録

青汁のパセリ成分研究

普段の食生活においても、添え物というイメージのパセリ。

独特の香りや苦味のある味で苦手という方も多いかもしれません。しかしパセリにはとても高い栄養価が含まれておりますので、この機会に青汁にして挑戦してみることをお勧めいたします。

パセリにはビタミンAや鉄分が豊富に含まれております。ビタミンAは活性酸素の抑制効果がありますので、がん予防や、老化防止、免疫力の向上の効果が期待できますし、豊富な鉄分は貧血に効果があります。

パセリの独特の香りの成分はアピオールと呼ばれるもので、この香りには食欲増進効果があり、口臭予防や、食中毒の予防効果もあります。

また、アピオールには腸内環境を整え、便秘解消効果があります。パセリ自体にも食物繊維が非常に多く含まれておりますので、食物繊維とアピオール、ダブルの効果で便秘改善に効果があると言えるでしょう。

パセリは安価で手軽に購入が出来ますので、自家製のパセリの青汁も簡単に作ることができます。

パセリだけで青汁を作るのも健康にはとてもよいのですが、香りや苦味が強いため中々飲みづらい方も多いと思います。そこで、バナナや牛乳とミックスしたり、別の青汁を作る際に少し入れてみることで、とても飲みやすくなりますのでまずはミックスをお勧めします。

パセリはとても栄養価の高い野菜です。上記に挙げた以外にも美容や、風邪予防、生活習慣病の予防などにも効果が期待できる野菜なのです。

良薬口に苦しとはいいますが、無理をしてしまうと続けていくことは出来ません。

青汁は続けてこその健康管理ですので、飲みやすく味を調整し、無理をせず毎日続けることが大切です。