• HOME
  • 青汁のセロリの働きは?

Yahoo!ブックマークに登録

青汁のセロリ成分研究

独特な強い香りを放つセロリがお好きな人は、セロリの青汁を飲んでみるのはいかがでしょうか?

セロリの香りの成分は、アピインやセネリンという成分です。

これは、イライラや頭痛などの症状を緩和させる働きがあります。セロリの栄養素にはビタミンA、ビタミンC、カルシウムや鉄分等がありあます。

これらの栄養素により血圧を下げる効果や鎮静効果が期待できます。他にも実の部分には食物繊維が非常に多く含まれておりますので、便秘の解消やコレステロール値を下げる効果にも期待できるでしょう。

また、セロリに含まれる、メチオニンという栄養素が、肝機能を高め、二日酔い等に非常に効果的であることも、セロリの魅力の1つとなっております。

更には、セロリには利尿作用があり、尿路結石時に起こる排尿の痛みを緩和させる効果もあります。

このように色々な薬効があるセロリは、古代から薬草として重用されていたというのも納得の野菜といえるのではないでしょうか。

美味しいセロリの選び方ですが、黄色い葉が混じっているものは止めましょう。葉が生き生きとして香りが強く肉厚なものを選びましょう。

セロリは実よりも葉のほうに栄養がたくさん含まれていますので、セロリの青汁を作る際には、青々とした葉を使用してください。

そのままでは香りが強く飲み辛いという方は、りんごやレモン、はちみつを混ぜてみるのをお勧めします。

セロリは炭水化物の消化を促進し、食欲増進の効果がありますので、食欲不振だと感じたら、セロリの青汁を飲んでみるのはいかがでしょうか。