• HOME
  • 青汁のブロッコリーの働きは?

Yahoo!ブックマークに登録

青汁のブロッコリー成分研究

ケールと同じアブラナ科の野菜で青汁にするには最適な野菜の1つとしてブロッコリーがあります。

ビタミンCといえばレモンと思い出す方も多いと思うのですが、ブロッコリーにはレモンを遥かに上回るビタミンCを保有しています。

ビタミンCは、免疫力を高める作用があるため、ガン予防や風邪予防に効果があると共に、コラーゲンの合成を促進する効果があるため、美容効果、及び老化防止にも大いに期待できる栄養素です。

また、食物繊維も非常に豊富に含まれておりますので、抵抗力の向上や、血糖値の抑制、便秘の改善などにも非常に有効なのです。

他にもブロッコリーには、ポリフェノールが多く含まれており、抗酸化作用にも多いに効果があります。

ブロッコリーを青汁にする際には、花蕾(からい)というつぼみの集まった部分だけではなく、栄養素のたくさん詰まった茎や、葉の部分も使用しましょう。

ブロッコリーは加熱をすると、豊富なビタミンCが減少してしまうので、生のまま青汁にして飲用するのをお勧めします。(ブロッコリーを茹でた状態でも、ビタミンCの含有量はみかんのおよそ2倍含んでおりますので、生は青臭くて辛いという方は、茹でてから青汁にするのもいいかもしれません。)

手作りの青汁の魅力として、気軽に他の食材と混ぜることが挙げられます。ブロッコリーの青汁とカルシウムが豊富な牛乳をミックスすれば、イライラ解消や骨の強化に繋がる青汁・オレの完成です。

組み合わせによって、自分により効果的な青汁が作れるのも手作り青汁の魅力です。