• HOME
  • 青汁の粉末タイプとは?

Yahoo!ブックマークに登録

粉末タイプの青汁とは?

青汁といえば最もポピュラーなのが、粉末タイプになります。

飲用方法としては水によく溶かして飲用します。粉末タイプは冷凍タイプのものに比べると、栄養価が劣化しているのではないかとお思いの方もいらっしゃるかと思います。

しかし最近では製法技術の向上により、粉末加工された青汁でも、栄養素の損失が殆どなく、冷凍青汁に近い状態での栄養素を保った青汁が生成できるようになったため、その栄養価に差は殆どないと言っても過言ではありません。

フレッシュタイプが苦手なのに、無理をして飲んで、結局続けられないという事になってしまいますと、青汁を飲む意味があまりありません。

何故ならば青汁は無理なく、毎日飲むことが大切だからです。粉末タイプの利点として、水以外にも混ぜられるということが挙げられます。

水だと少し苦手という方には、牛乳や豆乳で割る方法をお勧めします。牛乳などで割ることにより抹茶・オレのような味に変わりますので、とても飲みやすくなるのです。

また、寒い時期には、寝る前にお湯で割った青汁を飲用しますと睡眠効果が高まり、寝つきがよくなります。

これはケールの青汁に含まれるメラトニンという栄養素が睡眠を誘発させる働きがあるからです。

ただし、熱湯を使ってしまいますと、青汁に含まれるビタミンの栄養素が破壊されてしまいますので、人肌程度のぬるま湯で飲用するようにしましょう。

たくさんのメーカーから粉末青汁が発売されていますので、栄養素や、味、のどごし等を比較し、自分好みの青汁を見つけてみるのはいかがでしょうか。