• HOME
  • 青汁のフリーズドライとは?

Yahoo!ブックマークに登録

フリーズドライされた青汁とは?

お店で買える青汁の製法でフリーズドライで作られた青汁があります。

フリーズドライといえばお味噌汁などが有名ではないでしょうか。フリーズドライタイプの青汁は、絞りたての青汁を急速凍結させた後、真空の釜によって乾燥させたものです。

この工程から、真空凍結乾燥法とも呼ばれております。この製法は、高熱で処理を行っていないため、青汁の栄養素の損失は殆どありません。

また、野菜の組織が乾燥前の状態で残っているため、水で戻す際に、戻りやすい利点があります。(通常の乾燥ですと、野菜の組織が変性してしまい、水で戻しても、元の状態には戻りません。)

フリーズドライタイプの飲み方は、お湯や水で溶かして飲用します。青臭くて飲み辛いという方は、牛乳やジュースでミックスすると飲みやすくなります。

フリーズドライタイプは栄養価が高い分、粉末タイプや錠剤タイプと比較すると、香りや味が強く、フリーズドライという製法上、食物繊維が残っている場合があり、のど越しがあまり良くありません。

そのため、フリーズドライタイプは、生に近い味やのど越しを手軽に楽しみたい方にお勧めします。(メーカーによって食物繊維を取り除いているものもあります。)

このように栄養価が生の状態のように高く、粉末タイプ同様に、持ち運びに便利で保存が簡単なフリーズドライタイプの青汁なのですが、その製法に非常にコストがかかってしまうため、冷凍タイプや、粉末タイプなどに比べると値段が高めとなっております。

青汁を毎日続けるコツは、自分のライフスタイルにあった青汁を選ぶことです。栄養素や味、値段などを考えて自分に最適な青汁を飲用しましょう。