• HOME
  • 青汁の飲むときの注意点は?

Yahoo!ブックマークに登録

青汁の注意点は?

青汁は栄養満点の健康補助飲料です。

しかし、青汁に含まれる栄養素が豊富なため、持病をお持ちの方などには注意が必要な場合もあります。例えば人工透析をされている方や、腎臓疾患をお持ちの方は注意が必要になります。青汁にはカリウムやリン、ビタミンAなどが豊富に含まれており、健康状態を悪化させる恐れがあるためです。

また、循環器系の薬(ワーファリンなど)を服用している方は、青汁に含まれるビタミンKが作用し、薬効が弱くなってしまう可能性があります。

特に持病などがない方は、安心して飲用してください。しかし青汁が健康にいいからと毎日大量に摂取するのはやめましょう。

一度に青汁を大量に摂取しても、すぐに健康になるわけではありません。一度に青汁を大量摂取しますと、皮膚に障害が起こる可能性があります。

通常青汁に含まれるクロロフィルは、コレステロールを下げたり、抗ガン作用があったりと非常に優秀な成分なのですが、大量に摂取しますと、クロロフィルに含まれるフェオホルバイトという成分が紫外線を増幅させ、光線過敏症になりやすくなり、皮膚がんの可能性を誘引します。

他にも、大量に摂取することにより、発疹や、嘔吐、下痢などの症状がでることがあります。

勿論大量に摂取しなければ問題はありませんが、お体に合わない場合は、飲用を中止し医師に相談しましょう。

また、アレルギーをお持ちの方は原材料等をよく確認することが大切です。

健康な体を作るために青汁の飲用を始めたのに、病気を悪化、または体を壊してしまっては元も子もありません。正しい用法用量を守って飲用しましょう。