• HOME
  • 青汁と肝臓の関係は?

Yahoo!ブックマークに登録

青汁で肝臓の機能を向上させる

お酒を日頃から愛飲している方は、肝臓が弱っている可能性があります。

肝臓は沈黙の臓器とも言われており、自覚症状のないまま、病気が悪化していることもあります。

アルコールは肝臓で分解されるため、大量のアルコールを毎日摂取していると、肝臓に負担がかかり脂肪肝が起き、最終的には肝硬変の恐れもあるのです。

手遅れになってしまうような事態にならないためにも、青汁の飲用をお勧めいたします。青汁には、たくさんのビタミンや、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれており、これらの栄養素は、代謝の促進や、コレステロールの改善等に効果があります。

中でもビタミンCはアルコールの分解を促進する働きがあり、ビタミンB2は肝臓でアルコールを分解するのに必要な栄養素です。肝臓強化を中心に青汁を選ぶ際は、主原料が大麦若葉でできたものをお勧めします。

大麦若葉の青汁にはコリンという成分が非常に多く含まれており、コリンは肝臓に脂肪がたまるのを防ぎ、脂肪肝を予防してくれるのです。実際に、青汁を飲み続けたことにより、慢性肝炎が完治した例などもありますので、青汁により肝機能の向上に多いに期待できるのではないでしょうか。

勿論アルコールだけではありません。普段の食生活から揚げ物や、スナック菓子、乳製品や、糖分の多い飲み物などを好んでよく召し上がる方や、日常生活においても夜更かしや睡眠不足、運動不足やストレスでも、肝臓に負担がかかってしまっているのです。

日々の食生活や、アルコールの頻度をすぐに改善しないさいと言われても、中々変えることは難しいことでしょう。

まずは、毎日青汁を飲むことで、肝臓の機能を向上させ、徐々に食生活を改善させてみることから始めてみるのはいかがでしょう。