• HOME
  • 青汁で花粉症予防

Yahoo!ブックマークに登録

青汁で花粉症を緩和できる?

春は杉、秋はブタクサ等今や日本人の5人に1人は花粉症と言われており、その数も年々増加の一途をたどっております。

花粉症とは主に、くしゃみや鼻水、目のかゆみや充血など様々な異常を引き起こします。花粉症の特効薬はまだ見つかっておらず、花粉症の時期になると、注射や薬を頼ってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

特にアレルギー症状を抑える薬、抗ヒスタミン薬には眠気や、口が渇く等の副作用が起きてしまうものもありますので、極力薬には頼りたくない方も多いことでしょう。

そこでお勧めするのが青汁の飲用です。青汁には様々な栄養素が含まれておりますが、中でも、青汁の主原料であるケールには、特長成分(糖脂質)や、フラボノール配糖体が含まれており、これらが花粉症等のアレルギー症状を緩和させる効果があると、ある企業が発表したのです。

この糖脂質は具体的にはインターロイキン4(IL-4)という成分で、花粉アレルギーの初期に作用する物質の生産量の抑制をする働きをします。また、フラボノール配糖体は、花粉症などのアレルギー性疾患に有効な成分ですので、ダブルの効果で花粉症に効果的であると言えるのです。

青汁を飲めば花粉症がすぐに完治するわけではありません。花粉症の時期だけではなく、日頃から毎日摂取することにより、アレルギーに負けない体作りができるのです。

勿論青汁を飲むことによって、様々な体質改善にも期待がもてますので、花粉症対策としてだけではなく、日々の健康促進のために飲用することをお勧めします。