• HOME
  • 青汁のよもぎの効果は?

Yahoo!ブックマークに登録

青汁のよもぎ成分研究

青汁には色々な種類がありますが、特に日本の女性の体質に合うとされているのがよもぎの青汁です。

昔よりその独特の香りと、身近さから親しまれているよもぎには主な緑黄色野菜よりも栄養素が高く、ビタミンA、ビタミンEをはじめ、カルシウムや鉄分、食物繊維がバランスよく含まれており、中でもクロロフィルという葉緑素がたくさん含まれているのです。

このクロロフィルには小腸や大腸に付着した不純物を排出する働きがあるため、便秘改善には勿論のこと、

小腸の浄化によりデトックスの効果があり、肌荒れやたるみ、皺などの肌の悩みを改善することが期待されますので女性には嬉しい食材と言えるでしょう。

また、このクロロフィルはコレステロール値の減少を下げる効果がありますのでダイエットにも期待できるでしょう。

他にもこのクロロフィルには貧血を改善させたり、解毒作用、発ガン防止にも有効な働きをもたらします。そしてよもぎには、血液循環を改善する働きがあるため、血液がサラサラになる効果や、冷え性の改善にも効果があります。

また、このよもぎの若葉から作られた青汁は青汁独特の苦味や匂いが少なく非常に飲みやすい青汁となっております。ここで1つ注意していただきたいのが、ご自身でよもぎの青汁を作る際は、新芽を摘んで作るようにしましょう。

古い葉には、シュウ酸が多く含まれています。このシュウ酸は、血中のカルシウムと結合すると、シュウ酸カルシウムとなり結石の要因になってしまいますので、できるだけ使用するのは避けましょう。