• HOME
  • 青汁は目にいい?

Yahoo!ブックマークに登録

青汁で目のトラブル予防

視力低下の原因として80年代後半から、テレビや、ゲームが普及したことが挙げられます、また昨今では、パソコンを趣味や仕事で使ったり、携帯電話でメールを打ったり、ゲームをする人も多いことかと思います。

これらの全てが視力低下の原因といえるでしょう。

このままですと加齢により視力低下も加わり、益々視力が悪くなってしまいます。

しかし携帯電話やパソコンは無くてはならないものになってきておりますので、使用を制限することは難しいでしょう。

そこでお勧めなのが、青汁の飲用なのです。青汁には、網膜や目を健康に保つβカロテンが豊富に含まれており、ビタミンCは水晶体の老化を防ぐ効果があります。

また、ビタミンBやビタミンEは目の症状の改善・予防に効果があるのです。他にも青汁の原料になっているケールにはルテインが豊富に含まれおり、ルテインは視力低下、眼精疲労、などの目のトラブルを予防する働きがあります。

目を酷使すると、目が充血したり、眼精疲労を引き起こします。

眼精疲労の症状は、眠るだけでは回復せず、頭痛や、胃痛、食欲不振などの症状がでてきます。眼精疲労の有効な回復方法は、目を休めることですが、上記で挙げたように仕事などで利用する人には、そうも言っていられないのが現状です。

目に効果のある青汁を飲んで、極力目への負担を抑えるように心がけましょう。

勿論目のためには、正しい姿勢や、部屋の明るさ、時間を決めて画面を見るなども重要であることをお忘れなきようお願いいたします。