• HOME
  • 青汁を飲むタイミング

青汁の栄養素は?

青汁は、主にケールや明日葉、大麦若葉などが主原料となり作られています。それぞれの栄養素を具体的にご紹介します。

[ケール]
ビタミンA…活性酸素の除去や目のトラブルの予防、肌荒れ、癌予防に効果があります。
ビタミンB1…エネルギーの生産を促し、疲労の蓄積を予防する働きがあります。
ビタミンB2…皮膚や粘液を正常に保ち正常な成長を促成させる働きがあります。
ビタミンC…コラーゲン生成を促し、老化やしみしわの予防、動脈硬化の予防に効果があります。
たんぱく質…3大栄養素の1つで、生命を維持するのに欠かせない栄養素です。
カルシウム…骨や歯を形成し、興奮や緊張を緩和させる働きがあります。
リン…ビタミンB群の働きを補助し、骨や歯を形成、体内のph値の調整をする働きがあります。
カリウム…浸透圧の調整や、高血圧の抑制などに効果があります。
クロロフィル(葉緑素)…デトックスの効果があり、抗酸化作用や口臭、便秘の改善に効果があります。
GABA…血圧や中性脂肪を抑制したり、肝臓や腎臓の働きを高める効果があります。
葉酸…貧血や動脈硬化を予防し、胎児などの発育不全を予防します。
イソチオシアナート…血栓を予防し、解毒酵素を出し高い殺菌作用をもたらします。
メラトニン…活性酸素の除去を促し、コレステロール値を下げるなどの働きがあります。
食物繊維…腸内環境を整えデトックス効果や、排便を促します。
ルテイン…眼病予防に効果があります。

[明日葉]
カロチン…抗酸化作用や動脈硬化の予防に効果があります。
…貧血の予防や肝臓の解毒作用に効果があります。
イソクエルチトリン…毛細血管を強化する働きや動脈硬化の予防、むくみの解消などに効果があります。
カルコン…肥満を抑制し、セルライトを解消する働きがあります。
クマリン…抗菌作用や、血栓防止に効果があります。
ルテオリン…免疫力を強化しアレルギー疾患などに効果があります。

ほかに、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、リン、カリウム、カルシウム、食物繊維なども含まれ、特にビタミンB2が豊富に含まれています。(既出のものは効能を割愛しています。)

[大麦若葉]
β-カロテン…強い抗酸化作用があり、老化防止に効果があります。
マグネシウム…エネルギーの代謝を助け心疾患を予防する働きがあります。
…鉄の吸収を促し、貧血の予防や血管を丈夫にする働きがあります。
SOD酵素…活性酸素を除去する働きがあります。
亜鉛…コラーゲンの生成を促し抗酸化作用や、生殖機能を維持する働きがあります。
マンガン…骨や間接を丈夫にする働きがあります。

ほかに、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンC、カルシウム、カリウム、食物繊維、クロロフィル、鉄、たんぱく質、カロチン、なども含まれています。(既出のものは効能を割愛しています。)